設立趣意書

近年、子育て支援の必要性が認められ、社会的関心が高まりを見せていますが、その背景を見ると社会的条件の変動が大きく、子育てをめぐる困難現象が深刻化していることは疑いがありません。

しかしながら、親や子どもにとって真に必要な支援とは何かについては、模索状態にあるというのが現状です。子育てをめぐる事態を打開するためには、親と子の実態に即した有効な支援を確立し、地域に根ざした形で展開することが求められています。

子育て支援として今、最も求められているものは、子どもが安心して健やかに育つ権利と環境の保障“子育ち支援”であり、同時に親が子どもと共にあることに喜びを見出し、親として育っていける“親育ち支援“に他なりません。

そのためには、従来の性別役割分業を脱し、男女が共に育児に関われる社会の構築が求められています。とりわけ閉塞的状況で育児に孤軍奮闘している母親にとって、ひとりの人間として自立し、育児中であっても社会参画が可能となる支援が重要です。

同時にすべての人が、親と子を温かく見守り、支援の手を差し伸べることも欠かせません。親や家庭が直面している問題が複雑化し、解決方法を見出すことが難しい状況にあって、地域の人々が支援力を向上させることで“地域の育児力”の回復を図ることが緊急課題とされているといえます。

この法人の構成員は子育て支援活動の実践者ならびに研究者から成り、子育て支援のあり方について、先駆的な取り組みを積み重ねてきました。この度その力を結集して、現代の子育てをめぐる困難現象の解決に資すべく、子育て支援を必要とするすべての親と子に対する支援活動を展開し、かつ、子育て支援者のための情報や活動モデルの提供を行い、人材育成に努めます。

私たちの活動が、親と子を見守り、必要な人に必要な支援を的確に届けられる体制の構築に寄与し、「子どもが安心して育つことができるまち」「親が人間らしく生きられるまち」、そして「すべての人が子どもとともにある暮らしの豊かさを享受できる社会」の構築につながることを願っています。

そのために、さまざまな立場の実践者と研究者、ならびに地域の支援者が集い連携することが不可欠であると考え、ここに特定非営利活動法人あい・ぽーとステーションを設立いたします。

  • あい・ぽーとステーションについて
  • 設立趣意書
  • 事業の柱
  • 理事・監事
  • あい・ぽーとステーション定款
  • 入会申し込み
  • 受賞歴
  • 大日向代表理事のお部屋
  • 新着情報